会社再生・破綻方法を知り尽くす専門の弁護士に相談して
体も心もスッキリさせ新しい人生スタートしませんか??

会社破産の実績多数!

多くの依頼者には満足度を得られ、実績件数も多数ございます。

実績も満足度も高く安心してご利用できます

親身な対応!

今まで色々考えストレスを抱えて悩まれたと思います。

抱え込んでいる悩みや苦しみを専門弁護士に打ち明けることで順序立てて現状の問題整理ができます。

最短即日対応!

早く破綻・倒産させたいという想いが強いくすぐにでも相談されたい方でもご連絡を頂ければ複数の弁護士がおり対応も
可能なため最短即日でも対応ができます。

費用明確、初回相談料無料!

初回相談は無料です。

まずは今抱えている問題を整理しお話をお聞きします。

そしてきちんと当弁護士事務所から依頼者の方には倒産・破産までの流れを納得頂くまでお話をします。

そして倒産・破産という重要な状況においてお金の支払は重要なことです。

依頼者の方から問題をきちんとヒアリングし相談を受けた状況で破産・倒産にかかる費用を計算し提示します。

依頼者の方にもどのぐらい必要かということを把握して頂きたいと思います。

経験豊富な弁護士が複数で対応!

当弁護士事務所では一人の弁護士でなく倒産・破産の弁護士を複数おります。
すぐにでも問題解決・相談されたい依頼者の方にはおすすめです。

中小企業破産弁護

代表:ニューポート法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木3丁目18-12 2F

Tel :03-6435-5689 / Fax:03-6435-5699

こんな悩みはありませんか?

  • 社員や家族に打ち明けられず不安で一人で抱え込んでいた……
  • 生活も従業員に支払う給料もぎりぎりで生活を安定させたい
  • 多数の金融機関から借り入れしお金を借りるところがなくなった
  • 借入があっても今後も事業継続をしたいが現状どうしたらいいかわからない。
  • お金のことを考えすぎてストレスが溜まり一心不乱状態から抜け出したい!!
  • 今手元にある資金、固定費を把握せず仕入や売上を繰り返していたところキャッシュができない状態でお手上げ状態。
  • 赤字続きで経営自体の再生が不可能
  • キャッシュフローをつけておらず資金調達ができなくなった理由が全くわからない…

一つでも該当すれば、非常に危険な状態です。

すぐにご相談下さい

ご相談頂けば、こんな悩みから解放されます。

  • 過去の会社負債がになり借金がなくなります
  • 毎月の返済・取り立て・資金繰りから解放されます
  • 経営者様の再出発ができます
今あなたの中で倒産破産についてご存じでしょうか??
倒産とは

債務返済期限日に返済ができず滞ってしまい 会社営業が困難になること

破産とは

倒産状態の会社が裁判所を通してできる一つの手段が「破産」となります。

破産手続きの方法は①支払不能②債務超過です。

会社の破産状態というのは期日に支払ができず、資産を保有しており銀行から借入し返済できるケースが多いです。

もし一人で倒産・破産の手続きや交渉を行われているならやることが多すぎて今後のこともお考えですか。

会社倒産・破産の専門弁護士に依頼するだけでもストレスが溜まる日々から解放されます。

専門弁護士に依頼できる?3つの大きなメリット

  1. メリット1
  2. 会社破産・会社倒産に関する知識が豊富

会社破産・倒産専門知識に精通し数多くの実績を兼ね備えています。

会社の倒産手続は多くの専門知識とノウハウが必要です。

なぜなら、会社の倒産には、債権者、得意先、従業員、裁判所など個人の債務整理よりも関係者が多く利害関係も複雑な上、色々な場所に様々な種類の書類を提出する必要があります。

倒産会社の利害関係人と個別に交渉し、書類作成、関係者に納得してもらえるように調整していく。

この過程で交渉の仕方を一つ間違えただけで、依頼者の方が窮地に立たされてしまうケースがあります

  1. メリット2
  2. 債権者へのサポートもきちんとやってもらえる!

会社の倒産や破産を行う時には破産や倒産専門の知識がないまま交渉をおこなうと時間がかかり倒産・破産という精神的なダメージを受けたまま行うのは大変なことです。

その中でも会社倒産や破産の専門外の弁護士は売掛金書類作成、事業計画書類作成、取引先業者や債権者への説明などを依頼者に丸投げしてしまうことがあります。

中小企業破産弁護では依頼者様に安心を与え有利に進めるためにも書類作成から取引先の交渉までトータルでサポートします。

  1. メリット3
  2. 遠方への出張も任せられる!

最初の相談に関しては当弁護士事務所でご相談という形をとらせてください。

但し今後の打ち合わせ、相談などは遠方へ出張対応いたします。

仕事で忙しい方などぜひご相談ください。

すぐにご相談下さい!

中小企業破産弁護

代表:ニューポート法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木3丁目18-12 2F

Tel :03-6435-5689 / Fax:03-6435-5699

ご相談の流れ

1
法律相談の受付

お電話でお気軽にご連絡ください

2
相談日を決定します

話し合いの元依頼者の都合に合わせて日程を決定します

3
法律相談

しっくり話をお聞きしどういう状況かを現状把握します

4
当弁護士へご依頼の場合

弁護士費用、今後の流れを説明します

5
倒産または破産の準備開始

書類、交渉などをふまえて手続きを開始していきます

ご相談の流れ

多くの「助かったよ!」を頂いています!
多くの「助かったよ!」を頂いています!

55歳 男性/部品製造会社経営

会社経営がうまく行かずだれにも相談せず一人で抱え込んでしまい精神的にも参っていました。

どうしたらよいか全くわからず誰かに相談すべく弁護士の先生にお電話をしました。

そこで先生は今まで悩んでいたことをじっくり聞いて下さり早く相談すればよかったです。

あとは先生にお任せして無事手続きも完了しました。ありがとうございました。

多くの「助かったよ!」を頂いています!

43歳 男性/飲食店経営

従業員の給料が支払えず、債務が溜まっていくだけの毎日にただただ悩んでいました。

悩むだけ悩んで結局自分ではなにもできないとおもい思いっきって弁護士の先生に相談することに決めました。

手続きもスムーズにおわり今は苦しみから解放されて本当によかったで。元気に違う場所で働いています。

多くの「助かったよ!」を頂いています!

72歳 男性/鉄工所経営

息子に譲ろうと思った矢先に経営が悪化。

資金繰りもうまくいかず借金がたまっていくのもどうしてもいやで債務整理をしました。

一部他社に営業を渡し土地を売り資金を調達したことで会社を持ち越すことが出来ました。

色々やっていただき感謝です。

この件の相談以外にも色々お話を聞いて頂きありがとうございます。

すぐにご相談下さい!

中小企業破産弁護

代表:ニューポート法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木3丁目18-12 2F

Tel :03-6435-5689 / Fax:03-6435-5699

事例紹介

  1. CASE1
  2. カフェ経営
  • 従業員:3名 負債総額:4000万円
  • 経営者の破産:あり 債権者数:35社
  • 相談者:60代夫婦・カフェ経営

資金繰りがうまくいかず月の支払が滞りがちになっていたためご相談にこられました。

破産の準備中に夫である社長が病気になり退院と体調回復を待ちました。

あと弁護士費用を支払いに1年半かかりましたが破産申立を完了しました。

今は年金生活で暮らしをされています。

  1. CASE2
  2. 鉄工所経営
  • 従業員:4名 負債総額:1億1000万円
  • 経営者破産:あり 債権者数:50社
  • 相談者:夫婦と子供一人
  1. CASE3
  2. 学習塾経営
  • 従業員:3名 負債総額:7000万円
  • 経営者破産:なし 債権者数:28社
  • 相談者:経営者

父親の代から引き継いだ塾ですが実際は経営状態が悪く、存続は無理と判断。

塾の土地や建物などを売り、従業員には別の塾を紹介し転業してもらうことになりました。

経営者はとくに銀行からの借り入れがなかったので破産はありませんでした。

  1. CASE4
  2. 中古自動車経営
  • 従業員:1名 負債総額:3000万円
  • 経営者破産:あり 債権者数:10社
  • 相談者:経営者

弁護士費用の用立てが出来ない状況でそのため費用捻出に半年かかりましたが無事に破産申告をしました。

経営者は同じ分野の別の会社で働いています。

すぐにご相談下さい!

中小企業破産弁護

代表:ニューポート法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木3丁目18-12 2F

Tel :03-6435-5689 / Fax:03-6435-5699

ご相談の流れ

ココ!大切です!
分かりやすい弁護士費用について

着手金・実費

会社破産・個人破産を受任して管理することの対価です。

※着手金は、破産手続き終了の有無に関係なく返還されません。

これは、ご依頼者様による重要な事実の隠蔽・虚偽報告や行方不明などによって委任関係が途中で終了するような場合を意味します。

当弁護士から理由もなく委任関係を終了させて破産手続きを途中で終わらせることは絶対にありませんのでご安心下さい。

※「営業が既に休止状態で、債権者数および債務額が少なく、店舗・事務所の明け渡しなども済んでおり、特別に業務量が少ない」という特殊な場合は、特別費用をお見積もりします。

※個人事業主の破産の場合も、上の会社破産を基準に弁護士費用をお見積もりしますので、当弁護士事務所までお気軽にご相談下さい。

個人破産432000円

2.実費

破産手続き遂行のためご依頼者様に代わって立て替えたお金です。

※裁判所に納める費用(裁判所に納める費用)、切手代、交通費、(遠方の場合の)宿泊費などがあります。

通信費・コピー代は不要です。

※中小企業破産弁護ではご依頼者様に予想される実費を予めお預け頂きます。

典型的な「東京地裁で会社破産と経営者の個人破産を同時に申し立てた場合」を例にあげますと、裁判所に納める費用239,420円+切手代・交通費などを併せ、合計250,000円を実費としてお預け頂きます。

具体例

以下において、具体的な事例で破産申立に必要な費用の総額を例示します。

全て

「東京地裁への破産申立で日当がかからず、会社破産の弁護士費用が

540,000円(債務額3千万円以下で債権者数が5社以下)の場合」

を前提としています。

会社破産のみ申し立てる場合

  • 裁判所に納める費用・・・217,830円
  • 実費預り金・・・12,170円
  • 弁護士費用(会社破産の着手金)・・・540,000円

合計770,000

会社破産のみ申し立てる場合

  • 裁判所に納める費用・・・239,420円
  • 実費預り金・・・10,580円
  • 弁護士費用(会社破産の着手金)・・・540,000円
  • 弁護士費用(個人破産の着手金)・・・1432,000円

合計 1,222,000

中小企業破産弁護

代表:ニューポート法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木3丁目18-12 2F

Tel :03-6435-5689 / Fax:03-6435-5699

お問い合わせフォーム

法人名必須
代表者名必須
メールアドレス必須
電話番号必須 - -
ご相談内容必須
住所

ブログ

テストテストテスト

テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト  

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

PAGETOP
Copyright © 会社破産 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.